上村です

新年あけましておめでとうございます。

2017年もたくさんのお客様に快適なお家を提案できるよう邁進いたします。

 

「家の作りやうは夏をむねとすべし」

 

1300年代鎌倉時代にまとめられた吉田兼好による徒然草第55段の文面です。

現代的に解釈しますと、日本における高温多湿の環境下では家づくりは夏いかに快適に暮らせるかを重視せよ。

ということです。

冬よりも夏を重視せよ。ということですね。

現代においては両方重視することは言うまでもありませんが。

 

代表的な手法として場の太陽光はり、場の太陽光はしっかりとり組む。

基本的なことですが、現代においてはあまり重視されていない設計が多いように見受けられます。

太陽光を重視したこういった設計を「パッシブデザイン」といいます。

昨年新築した我が家もパッシブデザイン手法をたくさん取り入れました。

 

 

冬至日の太陽光が入る際の写真です。

 

太陽が入る窓面(リビング)から水平距離約6mの先(玄関)まで太陽光が差し込みます。

 

反面、夏場はしっかりと遮るよう計算しております。

寒い冬を過ごしている最中ですが、4つの効果があることを実感しました。

 

1、室内温度が15度を下回った日は一度もありません。

2、エアコンを1度も使用しておりません。

3、使わなさ過ぎてエアコンのリモコンを無くしました。

4、家族皆出不精になりました!

 

もちろん太陽光のコントロールだけでは快適なお家にはなりません。

しっかりとした断熱、気密、計算によりパッシブデザインは効果を発揮します。

フォレスト流にまとめますと、

 

スーパーウォール + パッシブデザイン = エアコンのリモコンを無くす・出不精になる。

 

こういった式が完成する訳です!!

おっ!ちょうど今日から全国的に大寒波ですね!!

明日からフォレストオオモリへお客様が来店殺到すること間違いなし!!

 

快適なお家で出不精を目指し、エアコンのリモコンを無くしてみたい方々へ!

お電話にてご予約お待ち申し上げております。


Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

Category

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM